【メーカー】
●サンドビック(株)コロマントカンパニー

【用途】
●鋳鉄および耐熱合金加工用。
●中加工用。

【仕様】
●勝手:勝手なし
●チップサイズ:16
●iC:9.525
●s:4.7625
●re:0.4
●l:16.4978
●超硬チップ
●三角形チップ
●ネガチップ

【原産国】
●スウェーデン

【質量】
●0.000G

正規激安 超硬 H13A 旋削用ネガ・チップ P T-Max サンドビック 10個 04-QM:H13A 04 16 TNMG-その他

正規激安 超硬 H13A 旋削用ネガ・チップ P T-Max サンドビック 10個 04-QM:H13A 04 16 TNMG-その他

正規激安 超硬 H13A 旋削用ネガ・チップ P T-Max サンドビック 10個 04-QM:H13A 04 16 TNMG-その他

07/11 京セラ 旋削用チップ サーメット TN60 10個 CCGT09T301EL-U:TN60 【20日限定!3エントリーでP16倍!】ベッセイ クランプ SG-M型 開き250mm SG-25M
07/08 イスカル C その他ミーリング/チップ COAT 2個 MM GRIT 22P-45A:IC528 https://shinshiro-rails.com/ をご覧ください。
07/07 中級者向け少人数制セミナー 【20日限定!3エントリーでP16倍!】Nine9 NCスポットドリル 60°ホルダー 99616-13V (2016年8月7日、14日 10:00-12:40)の申し込み受付けを開始しました。
06/20 Ruby on Rails 専門の求人サイト Rails Jobs Japan をオープンしました。当面の間、掲載無料です。スタートアップ企業やこれから起業される方に活用していただければ幸いです。
06/19 【20日限定!3エントリーでP16倍!】TRUSCO マグネット棒 Φ25X350 MG-35-M6 京セラ 旋削用チップ サーメット TN60 10個 CCGT040102L-F:TN60 capejs-rails を利用しています。チュートリアルの中心的なテーマは Cape.JS の「ルーター」の使い方です。
06/14 JavaScript UIフレームワーク Cape.JS のバージョン1.5がリリースされました。今回は Router クラスと ResourceAgent クラスに関して、細かい(しかし重要な)修正を行いました。
06/08 弊社代表黒田努の著書 京セラ 旋削用チップ KW10 10個 DNMA150404:KW10 (OIAX BOS)が2016年6月7日に発売されました。現在は、Kindle版でのみの販売です。価格は450円(+税)です。
05/27 弊社代表黒田努の著書VirtualBox/Ubuntuスタートアップガイド(OIAX BOS)書籍版が2016年5月27日に発売されました。価格は800円+税です。本書の内容は同名のKindle向け電子書籍とほぼ同等です。 京セラ 内径加工用ホルダ S08X-SCLCR06-10A でも購入できます。
11/16 本サイトに連載された「Cape.JS 入門」の英語版 ユニオンツール 超硬エンドミル テーパ φ0.4×片角 2° CCTE20044 ができました。
09/07 日経ソフトウエア 2015年11月号京セラ 旋削用チップ TN6010 COAT 10個 TPGR160308L-C:TN6010

Rails開発環境構築ガイド

正規激安 超硬 H13A 旋削用ネガ・チップ P T-Max サンドビック 10個 04-QM:H13A 04 16 TNMG-その他

プログラミング学習の効率的なやり方のひとつは、具体的な演習課題に取り組み、教師や先輩の添削指導を受けることです。 拙著『実践 Ruby on Rails 4』と『実践 Ruby on Rails 4 機能拡張編』の読者のために、そういう機会を提供したいと考えこの連載を始めることにしました。 演習問題が発表された時点では、答えは載っていません。各問題には締め切りが設定されています。おおむね発表時から約 2 週間後です。 演習問題では、『実践 ...

正規激安 超硬 H13A 旋削用ネガ・チップ P T-Max サンドビック 10個 04-QM:H13A 04 16 TNMG-その他

京セラ 旋削用チップ PVDコーティング PR1425 COAT 10個 CCET060201MFR-U:PR1425

RSpec/Capybara入門

Ruby on Railsプログラマーのための「RSpec/Capybara入門」を連載します。Railsを学習中の初心者がテスト駆動開発(TDD)あるいはビヘイビア駆動開発(BDD)を実践するための基礎的な知識や考え方を説明していきます。