※こちらの製品はAltiverb 7 XLになります。

■Altiverb 7
アルティバーブは、コンボリューション・リバーブあるいはサンプリング・リバーブと呼ばれる製品として、今や業界標準とも言えるプラグインです。実在する空間からの音響特性によって最高品質のリバーブ成分を作り出し、その種類はシドニーのオペラハウスからジャンボ・ジェット機のコクピットまでに至ります。CPU効率を向上させ、多くのパラメータやトータル・リコールによるオートメーション機能が備わり、そして64ビットのOS環境にも対応しました。


充実のライブラリ
プロオーディオ業界の誰よりもオーディオ・イーズのスタッフは世界中を廻り、素晴らしい音響空間の特性を記録してきました。何百回もの遠征による成果が、アルティバーブ 7に収められています。ロンドンのウェンブリースタジアムからマルタ島の古代洞窟、さらにはパリ、アムステルダム、ベルリン、ニューヨークなどの教会やコンサートホール、レコーディング・スタジオなど様々です。定期的に新しいライブラリがリリースされ、ユーザーは無償でダウンロードして、使用出来ます。


ブラウザ機能
ビジュアル要素が充実したBrowser(ブラウザ)画面により、インパルス・レスポンス(空間の音響特性データ)の膨大なライブラリへアクセスすることが、とても簡単になりました。各空間の画像をクリックするだけで適用されます。ギャップの無いデータ読み込み、空間サイズによる分類、ワン・クリックによる「お気に入り」設定なども、このブラウザ機能の一部です。キーワードによる検索や、新しいインパルス・レスポンスのダウンロード及びインストールも、ワン・クリックでOKです。


ミュージック・プロダクション
収録されているホールやレコーディング・スタジオの音響特性データは、音楽制作に最適化されています。ビンテージの鉄板リバーブやハードウェア機器のデータも同様です。一般的なデジタルリバーブ同様の要素を付加する "brightness" と "modulation"、テンポに同期する "ゲート" と "リバース"。あらゆるサウンドをインパルス・レスポンスとして使用し、実験的な音声素材を作成することも可能です。


ポスト・プロダクション
映画、テレビ番組、ビデオゲームなど、映像コンテンツ製作の為の機能も揃っています。トータル・リコールによるオートメーション機能、ドラッグ&ドロップによる新しいインパルス・レスポンス作成、ポータブルなオーディオ機器や撮影現場でのカチンコを利用した音響特性収録、柔軟なチャンネル設定、"bed room" "street" といったキーワードによる検索機能などが、新しく備わりました。


Regular 版と XL 版
Regular(レギュラー)版はコンピュータのCPUによって働く仕様です。ステレオイン&アウト、RTAS/VST/AU/MASフォーマット、96kHzまでのサンプル・レートに対応します。XL(エクスエル)版はTDMフォーマットもサポート(Macのみ)のほか、5.1ch までのオーディオトラック、96kHz以上のサンプルレートに対応します。ライセンスの管理には、iLok USBキーを使用します。


■動作環境
iLok USB キー
アルティバーブ 7.1 以降のオーサライズとライセンス管理には、必ず iLok 2(別売)が必要です。以前の型である、青い iLok は使用出来ません。

チャレンジ&レスポンスと呼ばれる、ハードディスクへのオーサライズ方式はサポートされていません。

対応OS
Mac OS 10.5 Leopard以降、Intel CPU(Power PCはサポートしません)

Windows 7、Windows 8(Windows Vista は検証予定)
protools10.jpg
Pro Tools とAAX フォーマットについて
Altiverb 7.1 以降は 64ビットの AAX Native フォーマットに対応し、Pro Tools 11.0.2 以降で稼働します。

7.1の製品パッケージには、32ビット・プラグイン環境に対応する Altiverb 7.0.5 のインストーラも含まれます。
RTASとTDM環境、すなわち Pro Tools 8、9、10 でご使用頂けます。

動作検証済ホスト・アプリケーション
Ableton Live 8 & 9
Cubase 4, 5, 6 & 7
Digital Performer 7 & 8(Altiverb 7.0.5で DP7 を、7.1 でDP8 をサポートします)
Logic Pro 8, 9 & X
Nuendo 4, 5, & 6
Pro Tools HD, LE / Native 8, 9,10 & 11(上段右の「Pro Tools と AAXフォーマットについて」参照)
Reaper 3 & 4
Vienna Ensemble Pro 5
Wavelab 7 & 8


※以上は、Audio Ease 社による英語OS環境での検証結果です。

一流の品質 Audio Ease/Altiverb XL 7-プラグインソフト

一流の品質 Audio Ease/Altiverb XL 7-プラグインソフト

一流の品質 Audio Ease/Altiverb XL 7-プラグインソフト

07/11 Vienna Symphonic Library/VIENNA TROMBONE ENSEMBLE MUTED Avid PhotoScore Ultimate 8 & AudioScore Ultimate 8【9900-65681-00】
07/08 AH-Software VOCALOID4 歌愛ユキ ナチュラル ボーカロイド 【AHソフトウェア】【国内正規品】 https://shinshiro-rails.com/ をご覧ください。
07/07 中級者向け少人数制セミナー AVID/PhotoScore Ultimate 8 & AudioScore Ultimate 8【オンライン納品】 (2016年8月7日、14日 10:00-12:40)の申し込み受付けを開始しました。
06/20 Ruby on Rails 専門の求人サイト Rails Jobs Japan をオープンしました。当面の間、掲載無料です。スタートアップ企業やこれから起業される方に活用していただければ幸いです。
06/19 Propellerhead/Reason 10 Upgrade for Essentials/Adapted/Limited 【送料無料】 クリプトンフューチャーメディア TOONTRACK 〔Win・Mac版/メディアレス〕 EZ MIX2 BUNDLE capejs-rails を利用しています。チュートリアルの中心的なテーマは Cape.JS の「ルーター」の使い方です。
06/14 JavaScript UIフレームワーク Cape.JS のバージョン1.5がリリースされました。今回は Router クラスと ResourceAgent クラスに関して、細かい(しかし重要な)修正を行いました。
06/08 弊社代表黒田努の著書 Vienna VIENNA FLUGELHORN【簡易パッケージ販売】 (OIAX BOS)が2016年6月7日に発売されました。現在は、Kindle版でのみの販売です。価格は450円(+税)です。
05/27 弊社代表黒田努の著書VirtualBox/Ubuntuスタートアップガイド(OIAX BOS)書籍版が2016年5月27日に発売されました。価格は800円+税です。本書の内容は同名のKindle向け電子書籍とほぼ同等です。 Vienna VIENNA TRUMPET (Bb)【簡易パッケージ販売】 でも購入できます。
11/16 本サイトに連載された「Cape.JS 入門」の英語版 ガイノイド VOCALOID4 Library v4 flower ボカキュー同梱版 ができました。
09/07 日経ソフトウエア 2015年11月号CRYPTON VOCALOID 初音ミク-MIKU HATSUNE-CV01 ボーカロイド 【クリプトン CV01】【国内正規品】

Rails開発環境構築ガイド

一流の品質 Audio Ease/Altiverb XL 7-プラグインソフト

プログラミング学習の効率的なやり方のひとつは、具体的な演習課題に取り組み、教師や先輩の添削指導を受けることです。 拙著『実践 Ruby on Rails 4』と『実践 Ruby on Rails 4 機能拡張編』の読者のために、そういう機会を提供したいと考えこの連載を始めることにしました。 演習問題が発表された時点では、答えは載っていません。各問題には締め切りが設定されています。おおむね発表時から約 2 週間後です。 演習問題では、『実践 ...

一流の品質 Audio Ease/Altiverb XL 7-プラグインソフト

【送料無料】クリプトン VOCALOID4 MEGURINE LUKA V4X (巡音ルカ V4X)〔Win・Mac版〕

Cape.JS 入門

Ruby on Rails アプリケーションに Cape.JS を組み合わせ、簡単な TODO 管理アプリケーションを作りながら一歩ずつ Cape.JS プログラミングを学んでいきます。

RSpec/Capybara入門

Ruby on Railsプログラマーのための「RSpec/Capybara入門」を連載します。Railsを学習中の初心者がテスト駆動開発(TDD)あるいはビヘイビア駆動開発(BDD)を実践するための基礎的な知識や考え方を説明していきます。